PR

 国産のLinuxディストリビューション「Plamo Linux」の最新版「Plamo Linux 4.22」が2007年10月3日に公開された。Plamo Linuxはこじまみつひろ氏が中心になって開発している国産ディストリビューション。「Slackware」を基にして開発され,日本語化や各種ツールの追加などが施されている。

 今回公開された最新版のPlamo Linux 4.22は,前バージョンの4.21(2006年10月5日公開)から約1年振りのアップデート版。4.21公開後の修正パッチなどを適用すると同時に,Linuxカーネルをバージョン2.6.22.9に更新した。ちなみに前版となる4.21のLinuxカーネルは,バージョン2.6.17.13だった。

 最新版は,Plamo LinuxのWebサイトを通じてダウンロードできる。インストールCD(3枚組),あるいはインストールDVD(1枚,約1.9Gバイト)のISOイメージが公開されている。ちなみに,Plamo Linux4.2系のインストール・ガイドはこちらで掲載している。