PR

 米Microsoftと東芝は米国時間10月5日,次世代DVD規格「HD DVD」の推進を図るコンソーシアム「Advanced Interactivity Consortium(AIC)」を設立する計画を明らかにした。業界全体にわたる先進のインタラクティブ性と相互操作性の普及により,消費者の満足度を高めることを目指す。

 新たなコンソーシアムでは,HD DVDの高度なインタラクティブ機能を,高品位ビデオ再生にとどまらず,他のサービスやプラットフォームへ拡大することに焦点を当てる。DVDプレーヤをはじめ,パソコン,テレビ,携帯電話,携帯型メディア・プレーヤ,ゲーム機などへのデジタル・ダウンロードを視野に入れる。

 東芝の執行役専務である能仲久嗣氏は「消費者にとって魅力的な体験をさまざまなプラットフォームに展開するために,参加企業とともに取り組みたい。また,HD DVD対応プレーヤおよびサービスの相互操作性確保にも注力する」と述べた。

 Microsoftは,同社のHD DVD対応インタラクティブ技術「HDi」を同コンソーシアムでの活動に利用する。「光ディスクだけでなく,新たなデジタル・ダウンロード・サービスでも高品質を保証することを目的とする」(Microsoftエンターテインメントおよびデバイス部門担当プレジデントのRobbie Bach氏)。

 またAICには,米DreamWorks Animation SKG,米Paramount Pictures,米Universal Studios,米Warner Bros.などの大手映画会社が参加する見込み。各社はHDi技術を取り入れたHD DVD対応の映画DVDを発売中あるいは発売する予定である。これらのDVDでは,映画内ナビゲーションやブックマーキング,ピクチャ・イン・ピクチャ,コンテンツ・ダウンロード,オンライン・ストア,オンライン・コミュニティといった機能の提供が可能という。

[発表資料へ]