PR
写真1 ライブCDの起動直後
写真1 ライブCDの起動直後
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 ライブCDのログイン画面
写真2 ライブCDのログイン画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 ライブCDのデスクトップ
写真3 ライブCDのデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]

 Fedora Projectは2007年10月4日,人気Linuxディストリビューション「Fedora」の次期バージョンである「Fedora 8」のベータ版に相当する「Fedora 8 Test3」(バージョンは7.92)を公開した。

 ハード・ディスクにインストールして使う「DVD版」と,光学ドライブから直接起動して使える「ライブCD版」がある。ライブCD版で光学ドライブから起動して,ハード・ディスクにインストールすることもできる。

 同プロジェクトは9月14日にTest2を公開済み(関連記事)。最終版は,11月8日に公開予定である。

 Fedora 8では,統合デスクトップ環境の改善や起動やパッケージ操作の高速化,セキュリティ向上などが,主な改良点。

 アルファ版に相当するTest2との違いは,Live版のインストール時間が短縮されルート・ファイル・システムに必要となるディスク容量も少なくなったことや,「yum」コマンドを使ったパッケージ管理の操作性能が改善されたこと,など。GNOMEのバージョンは2.20.0。