PR

 TISは10月9日,風力やバイオマスといった自然エネルギーを使って発電する「グリーン電力」の利用を10月1日に開始したと発表した。近年,同社のデータセンターにおける電力使用量が増加しているため,環境への負荷を考慮してグリーン電力の利用を決めた。まず,年間132万kWhをグリーン電力にする。

 グリーン電力をTISに販売したのは,提供事業を手掛ける日本自然エネルギー。TISは同社とグリーン電力購入の契約を締結し,グリーン電力証書を発行してもらう。日本自然エネルギーは,自然エネルギーを使う発電事業者に発電業務を委託している。発電されたグリーン電力は,TISが現在契約している電力会社を介してTISに供給されている。

 日本自然エネルギーからグリーン電力を購入しているIT企業としては,ミクシィ,ナビタイムジャパン,日本IBM,日本ユニシス,はてな,などがあるものの,まだ少ないのが現状だ。