PR

 米AMDは米国時間10月9日に,ソフトウエア開発ツール関連の業界団体Eclipse Foundationへの参加を明らかにした。同社の経験とノウハウでEclipseコミュニティを支援し,Eclipseツールやプラグインを使って作成したソフトウエアのマルチコア技術への最適化を促す。

 AMDはEclipse参加により,x86アーキテクチャとマルチコア・プロセシングのパワーを活用できる開発プラットフォームおよびアプリケーション・フレームワークの標準化を推進するとしている。Eclipse Foundation執行ディレクタのMike Milinkovich氏は,「AMDの当コミュニティへの貢献に期待する」と述べた。

 ちなみに米Intelは,2003年7月より,Eclipse Foundationの活動に参加している(関連記事:米Intel,ソフト開発プラットフォームの業界団体「Eclipse」に参加)。

[発表資料へ]