PR

 ニューシステムテクノロジー(NST)は,内部統制などの用途に向けて,パケット・キャプチャによって取得したデータベース・アクセスの監視ログを長期保存/高速検索するソフト「Chakra快速サーチャー」を,2007年11月下旬に販売開始する。開発会社はインテック。価格は,120万円(税別)から。

 Chakra快速サーチャーは,データベース・アクセス・ログを取得/保存し,セキュリティ監査に役立てるためのソフトである。ログをデータベースに格納保存し,検索できるようにしている。データベース・アクセス・ログはフィルタリングしないと大量に溜まる可能性が高いが,数千万件のログから該当のレコードを数秒で検索できる性能を持っているとしている。

 なお,Chakra快速サーチャーは,インテックが開発/販売する検索ソフト「快速サーチャー」と,韓国のWare Valleyが開発しNSTが販売するデータベース監視ソフト「Chakra」を組み合わせ,データベース・アクセス・ログを保存/検索するためのソフトとしてパッケージ化した製品である。単に2製品をセットにしただけではなく,Chakraによるデータベース・アクセス・ログの保存/検索用途に最適化したという。

 なお,Chakraは,IPアドレスやSQL文,応答時間,結果行数などデータベース・アクセスの状況を記録するほか,定義ルールに合致する不正アクセスを検知した際にデータベース・サーバーに通知してセッションを閉じさせる運用などが可能である。