PR
AMD製プロセサを搭載した「HP xw4550/CT Workstation」
AMD製プロセサを搭載した「HP xw4550/CT Workstation」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は10月11日、デスクトップ・ワークステーションのエントリ・モデル2種類を発売すると発表した。名称はAMD製プロセサを搭載した「HP xw4550/CT Workstation(写真)」と、インテル製プロセサを搭載した「HPxw4600/CT Workstation」。CAD(コンピュータによる設計)やソフトウエア開発などの用途に向く。出荷開始はxw4550が10月11日、xw4600が11月5日。

 xw4550は、今回から新しくラインナップに加えるモデル。ワークステーションとしては価格を抑えたのが特徴だ。「ソフト・ベンダーの動作保証があるワークステーションを導入したいが、価格が高いために導入を諦め、動作保証のないパソコンを使って我慢していたような潜在ユーザーを取り込みたい」とパーソナルシステムズ事業統括ワークステーションビジネス本部の小島順本部長は狙いを語る。プロセサはOpteron1000番台、メモリは最大4GB。最小構成で10万5000円から。

 xw4600は現行のエントリ・モデル「xw4400」の後継機種に当たる。プロセサはCore 2 Duo E6550/E6850、メモリは最大8GB。来年出荷予定のインテル製次世代プロセサにも対応する予定だ。最小構成で13万8075円から。