PR

 米オラクルは10月12日(現地時間)、米BEAシステムズの取締役会に対して、買収を提案したと発表した。提案内容は、米オラクルが米BEAシステムズの株を、1株当たり17ドルを買い付けるというもの。提案したのは10月9日である。10月11日の終値である13.62ドルに対して、25%のプレミアを付けた。買収総額は約67億ドル(1ドル117円換算で、約7839億円)となる見込みだ。オラクルはすべてを現金で支払う。

 米オラクルのチャールズ・フィリップス社長は、「我々はBEAに対して非常に意味のある提案をしている。BEAの経営陣とは過去数年にわたって話をしてきた。可能な限り早く友好的に買収を完了していきたい」と述べている。さらに同氏は「買収後も当社は製品のサポートを続ける。このことは、米ピープルソフトや米シーベルといった当社の過去の買収が証明している。BEAも同じだ。BEAの買収によって、当社のミドルウエアの開発を加速することができる。両社の顧客はより早く最新のSOA(サービス指向アーキテクチャ)の世界に移行することで、今まで以上の利益を得ることができるようになるだろう」としている。

■変更履歴
本文最初の段落の4文目に「の前日の10月8日の終値である13.62ドルに対して」とありましたが、米BEAシステムズの株価の終値が13.62ドルだったのは、10月8日ではなく10月11日です。本文は修正済みです。お詫びして訂正します。[2007/10/15 12:33]