PR

 米IP Innovationと米Technology Licensingは,米Red Hatと米Novellが3件の特許を侵害しているとして,テキサス州東部の連邦地方裁判所に両社を提訴した。米メディア(InfoWorldなど)によると,Linuxベンダーに対する特許侵害訴訟はこれが初めて。

 問題とされる特許は,オブジェクト・ベースのユーザー・インタフェースで提供された作業領域について,複数のウインドウを共有したり,他のディスプレイ・オブジェクトを表示したりする技術に関するもの。もともと米Xeroxが取得した特許である。

 IP InnovationとTechnology Licensingが10月9日付けで提出した訴状によると,両社はこれら特許の権利を所有しているという。Red Hatの「Red Hat Linux」システムや,Novellの「Suse Linux Enterprise Desktop」「Suse Linux Enterprise Server」などが当該特許に抵触すると主張。「Red HatとNovellの侵害行為は意図的だ」と非難し,損害賠償の支払いおよび侵害行為の恒久的禁止を命じるよう裁判所に要求した。

 3件の特許は以下の通り。

・特許番号「5,072,412」。タイトル「User interface with multiple workspaces for sharing display system objects」。1987年3月25日申請,1991年12月10日成立。

・特許番号「5,533,183」。タイトル「User interface with multiple workspaces for sharing display system objects」。1995年2月27日申請,1996年7月2日成立。

・特許番号「5,394,521」。タイトル「User interface with multiple workspaces for sharing display system objects」。1993年5月6日申請,1995年2月28日成立。

[発表資料(PDF書類)]