PR

 セイコーエプソンは2007年10月15日,8インチの有機EL表示システムを開発したと発表した(発表資料)。従来から有機ELの課題とされていた寿命(輝度半減までの時間)は,実用化レベルである5万時間以上を達成した。実用化に向けて小規模量産に対応した開発製造ラインも稼働中である。今回開発した有機EL表示システムは,横800画素×縦480画素で,輝度は200cd/m2,コントラスト比は10万:1以上である。

 またセイコーエプソンでは,10月24日よりパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「FPD International 2007」に,今回開発したシステムを展示する予定である。