PR
Winnyネットワークから消滅したファイルの所有者数推移
Winnyネットワークから消滅したファイルの所有者数推移
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットエージェントは10月16日,P2Pファイル共有ソフトWinnyネットワーク上に流通している流出ファイルを追跡した調査結果を発表した。その結果,暴露ウイルスなどによりWinnyネットワークに情報漏洩した流出ファイルの中にはWinnyネットワーク上から消滅した流出ファイルがあることが判明した。一方,流出ファイルの存在が掲示板に書き込まれたり,プレスリリース,ニュース報道などが行われると,流出ファイルの所有者が増加し,長期間Winnyネットワークにファイルが保持される傾向があったという。

 調査は,同社が運営しているWinny検知システムで,流出ファイルのハッシュ値などファイル固有値を基に,ファイルの所有者数を毎日計測して行った。ファイルを「掲示板への書き込みまたは,インターネットへの情報掲載があるものとないもの」,「プレスリリースまたは,ニュース報道があるものとないもの」という条件でファイルを無作為にサンプリングした。ファイルが最初に確認された日から,最長で約250日計測している。

 その結果,12ファイルはWinnyネットワークから消滅した(連続30日以上確認されなくなった)が,いずれも掲示板への書き込み,インターネットへの情報掲載,プレスリリース,ニュース報道がないものだった。10ファイルは発見された後100日以上,現在もWinnyネットワーク上にあるが,掲示板への書き込み,インターネットへの情報掲載,プレスリリース,ニュース報道のいずれかがあったものだった。

 ネットエージェントによれば,「Winnyネットワークにおいては,オリジナルファイルもしくは,完全なキャッシュファイルがネットワーク上から消滅してから,約1500秒でネットワーク上から存在しなくなり,Winny利用者がいくらWinnyを利用し検索しても,ファイルを発見することができなくなる」という。

◎関連リンク
Winnyネットワークにおける流出ファイル推移調査結果について(ネットエージェント)

◎関連記事
「Shareのノード数が観測以来最大に,Winnyも依然として多数のユーザー」---ネットエージェント