PR

 米Appleは,同社の携帯電話「iPhone」向けのソフトウエア開発キット(SDK)を2008年2月にリリースする計画を明らかにした。

 同社Webサイトの「Hot News」ページに米国時間10月17日付で公開された同社CEO(最高経営責任者)のSteve Jobs氏のメッセージによると,同SDKは「iPod touch」向けのアプリケーションも開発できる。

 Jobs氏はリリースが2008年2月になる理由を,「2つの相反する問題を同時に解決するため」と説明する。「高度でオープンなプラットフォームを開発者に提供しつつ,iPhoneユーザーをウイルスやプライバシ攻撃などから保護しなければならない。すでにモバイル・ネットワークには深刻なウイルスが拡散しつつある。iPhoneは先進的な携帯電話であり,格好の攻撃目標にされる可能性が高い」(同氏)。

 これまでiPhoneでは,Web 2.0技術を用いて作成したアプリケーションはサポートするが,サードパーティの開発者に対してネイティブで動作するアプリケーションを開発する方法は提供しない方針をとっていた。

 複数の開発者がiPhoneの解除(アンロック)を試み,成功した。これに対しAppleは,アンロックしたiPhoneをソフトウエア・アップデートによって操作不能にするという措置を打ち出した(関連記事:「アンロックしたiPhoneは永久に使えなくなる可能性ある」,Appleが警告)。

 英メディアによると,iPhoneに関するこうしたさまざまな制約に多くのユーザーが憤慨し,中には訴訟まで起こした者もいたという(英Reuters)。