PR
写真1 Ubuntu 7.10 日本語ローカライズドDesktop CDのデスクトップ
写真1 Ubuntu 7.10 日本語ローカライズドDesktop CDのデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本国内のコミュニティであるUbuntu Japanese Teamは2007年10月19日,LinuxディストリビューションUbuntuの日本語版「Ubuntu 7.10 日本語ローカライズドDesktop CD」を公開した。Ubuntu 7.10(コード名:Gutsy Gibbon)は10月18日に公開された最新版である(関連記事)。

 Ubuntuは,CD-ROMから起動してWebページの閲覧などの操作が可能なLinuxディストリビューション。同一のCD-ROMからハード・ディスクへのインストールに進むこともできる。

 日本語版として公開したのは,デスクトップ用途に適した「Desktop Edition」の32ビット版。CD-ROMから起動して使う場合においても,表示などがすべて日本語化されている(写真1)。メニュー等の日本語フォントには,独立行政法人情報処理推進機構の事業により開発されたIPAフォント( 関連記事) から派生したIPAモナーフォントを使用している。

■補足
デスクトップの画面写真を追加しました。[2007/10/19 17:01]
開発コード名を修正しました。[2007/10/19 19:55]