PR

 ソフトバンクモバイルとヤフーは2007年10月22日,「Yahoo!ケータイ」から利用できる検索サービスであるモバイル「Yahoo!検索」の機能を大幅に機能したと発表した(発表資料)。「oneSearch」(ワンサーチ)というコンセプトに基づいて,ユーザーの求めている検索結果を推定して上位に表示する。第一弾として「ダイレクト・ディスプレイ」の機能を実装した。

 例えば「六本木 ミッドタウン」と入力すると,画面上部に地図が示される。「レシピ 酢豚」と入力すると,酢豚の画面と作り方が表示される。こうしたサービスを,「地図」や「天気」「台風」などの地域情報,「駅名」や「路線」などの交通情報,「占い」や「レシピ」などのエンターテインメント情報で展開していく。このほか,ある女性タレントの名前を入力すると,その画像と一緒に「着うたフル」や「着うた」,「着ビデオ」へのサイトへの入り口が用意される例を示した。

 ヤフーは「oneSearch」のコンセプトの下,同じ検索キーワードを入力しても利用者やシチュエーションの違いによって異なる検索結果を表示するシステムを,2008年中に実装する予定である。一般的な傾向検索はもちろんのこと,利用者個人の属性や検索履歴,行動履歴を参照し,さらに時間帯やエリアなども加味して,検索結果を表示させる計画である。

 10月22日に行われた新端末・サービスの発表会でソフトバンクモバイルの孫正義社長は,「今回のサービス(ダイレクト・ディスプレイ)は,ソフトバンクモバイルの特注に近い形で開発したもの」とし,当面はソフトバンクモバイルの端末でしか利用できない形態とする方針である。ただし,その状態が続くとヤフーにとっての利点が小さくなるため,いずれは他社の端末でも利用できる形にするという。

 今後については,「ソフトバンクモバイルとヤフー」の親子関係を強調した。携帯電話機にはユニークなID番号が付与されていることや,携帯電話事業者が持つクローズドな情報を統合することで,さらにサービス内容を強化できるという。こうしたソフトバンクモバイル独特のサービスを含めて,「Yahoo!ケータイを最も利用しやすい端末」という位置付けで,ソフトバンクモバイルの事業に生かしていきたい考えを示した。
##トメ