PR
画面●オンデマンド型で提供する弥生ワークス
画面●オンデマンド型で提供する弥生ワークス
[画像のクリックで拡大表示]

 弥生は10月23日、顧客への訪問情報の管理や案件情報の共有ができるアプリケーション「弥生ワークス」を発表した。同社初のオンデマンド型で提供するのが特徴だ。プロダクトマーケティング部の坂本尊志担当部長は、「営業担当者は外出先からアプリケーションにアクセスする可能性が高いので、オンデマンド型を採用した」と説明する。12月10日から提供する。

 弥生ワークスは、ルート営業が多い企業向けの機能を備える。営業担当者に対して上司が作業を指示したり、その指示を受けた担当者が実施した作業を報告したりできる機能がある。指示や作業内容はデータベースで一元的に管理し、「営業担当者が日報を入力しなくても、営業管理に必要な情報が収集できる」(坂本担当部長)仕組みとした。見積もり作成などは販売管理ソフトの「弥生販売」が別途、必要になるが、「弥生ワークス単独でも、営業支援ソフトとして利用できる」(同)という。

 弥生販売や弥生会計のように、同社はこれまで基幹系業務を支援するソフトを中心に販売していた。オンデマンド型での提供も初めてだが、「情報系のソフトを販売するのも初めて」(坂本担当部長)。今回、弥生ワークスを発売した理由について坂本担当部長は、「弥生製品の利用企業は、本格的な営業支援ソフトを導入するのは価格の面から難しい。かといって、グループウエアでは単なる情報共有にしかならない。そこで、営業に必要な業務支援機能を入れつつ、市販の営業支援ソフトのような煩雑な情報入力を不要とするソフトを投入した」と説明する。

 弥生ワークスは、弥生販売との間で顧客マスターを共有できる。弥生ワークスの利用者に「弥生ワークス連動ツール」を無償で提供。得意先コードや名称、住所、担当者など、弥生販売で管理していた情報を、弥生ワークスに手動で取り込める。弥生ワークスで更新した顧客情報を弥生販売の顧客マスターに反映することも可能だ。

 弥生ワークスは08年上期に発売予定の次期版で、弥生販売以外のソフトとも連動可能にする。ワークフロー管理機能に加え、経費精算や出退勤を弥生ワークスで入力し、その内容を弥生会計や弥生人事と共有する機能を追加する。

 弥生ワークスの料金は、1ユーザー月額3150円。別途、初期費用5万2500円が必要である。契約は、3ユーザー以上、6カ月単位となる。同社のWebサイト経由で販売する。中心顧客層は「営業担当者が10人前後の企業」(坂本担当部長)を見込む。弥生は提供開始後1年間で、600社への導入を目指している。