PR

 米Microsoftとターボリナックスは10月22日,WindowsとLinuxのシングル・サインオン機能の開発など「相互運用性」,「研究開発」,「知的財産」,「デスクトップ分野」の4項目で協業契約したと発表した。

 「相互運用性」ではWindowsとLinuxの両方のシステムに1つの証明書でログインできるシングル・サインオン機能の開発を行う。またターボリナックスはWorkgroup Server Protocol Program (WSPP)評価ライセンスを契約を行う。

 「研究開発」ではMicrosoftの中国の研究機関で両社のソフトウエア・テストを行うほか,パートナー向けのソリューション展示を行う。またターボリナックスはMicrosoft製品との相互運用性向上を目的とした団体「Interop Vendor Alliance(IVA)」に参加する。

 「知的財産」に関しては,ターボリナックスが提供するサーバー製品の購入者に対し,Microsoftが持つ知的財産の保証を行うという。

 また「デスクトップ分野」ではOpen XMLとODFファイルのフォーマット変換ツール開発プロジェクトで協力するともに,インターネット検索サービスLive Searchをターボリナックスの製品へ標準搭載していくとしている。