PR
日本アバイアが参考出展した「one-X Portal」
日本アバイアが参考出展した「one-X Portal」
[画像のクリックで拡大表示]

 2007年10月24日に開幕したイベント「「IPコミュニケーション&モバイル2007」」で、日本アバイアはクライアント・ソフトウエアが不要なソフトフォン・ソリューション「one-X Portal」を参考出展した。

 一般的なソフトフォンではクライアントごとに専用のソフトウエアをインストールする必要があるが、one-X Portalで用意するのはサーバー・ソフトウエアだけで、クライアント側はWebブラウザ・ソフトウエアがあれば利用できる。VPN越しのSSLクライアント経由でも利用できる。

 サーバー側にソフトウエアを集中することのメリットは、クライアントごとのバージョンアップが不要になることや、コンタクト先情報などをサーバー側で一元管理できることである。個人情報保護や内部統制に対する需要の高まりを受け、one-X Portalへの要求も多いと日本アバイアは見ている。

 会場の説明員によると、同社は現在、日本語化を進めており、2007年中にもリリースされる予定という。価格は、クライアントの数によって決まる。