PR
写真●日立製作所が出展した「座席ナビ」の画面
写真●日立製作所が出展した「座席ナビ」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は,東京ビッグサイトで10月24日から開催中の「IPコミュニケーション&モバイル 2007」で,「座席ナビ」をデモ展示している(写真)。固定席がないフリーアドレスのオフィスでも,従業員の位置や在席状況を確認できる。

 座席ナビは,Webブラウザ上で従業員の在席情報を確認できるWebアプリケーション。従業員のIDとパスワード,LANの接続場所の情報に基づいて,オフィスのレイアウト上に在席情報を表示する。従業員がパソコンの電源を入れてログインすると,「在席」であるとみなし在席場細に名前を表示。スクリーン・セーバーが起動すると名前の色が変わって「離席中」に,パソコンからログアウトすると名前が表示されなくなり,「退席」したことを示す。

 座席ナビとIP電話を連携して利用することもできる。例えば,在席している従業員の名前を右クリックすると電話番号が表示され,そこで電話番号をクリックすると即座にソフトフォンが起動して電話をかける,といった使い方だ。

 価格は,サーバー・ソフトが1ライセンス50万円,クライアント・ソフトが50ユーザーで20万円からである。