PR

 発展途上国の子供1人ひとりに価格100ドルのLinuxノート・パソコン供給を目指す取り組みを進める非営利団体,One Laptop per Child(OLPC)は米国時間の10月29日,ウルグアイ教育研究所(LATU)からノート・パソコン「XO」10万台の購入契約を獲得したと発表した。今後さらに最大30万台の追加購入が見込まれる。

 LATUは,ウルグアイの学校,市街地の建物,家庭のネットワーク化を図るCEIBAL活動の管理組織。この活動で公立学校に通う全生徒と教師にノート・パソコンを提供する。2007~2009年に最大40万台のノート・パソコンの購入を計画している。

 LATUはOLPCのXOと米Intelの発展途上国向け教育用ノート・パソコン「Classmate PC」を比較し,XOの購入を決めた(関連記事:Intelが100ドルPCプロジェクトのOLPCに参加/関連記事:N・ネグロポンテ氏,インテルの低価格PC無償配布プログラムを批判)。

 なおOLPCによると,LATUの機種選定は慎重に作られた評価基準に基づいているという。購入契約の獲得について,OLPCは「入札価格が最も安いから選ばれるわけでなく,OLPCの特徴的なハードウエア機能がアピールした」と説明している。

[発表資料へ]