PR

 KDDIは10月29日,auの携帯電話でMicrosoft Office Outlook 2007相当の機能を使えるSaaS(software as a service)型サービス「KDDI Business Outlook」を2008年3月から開始すると発表した。PCでもau携帯電話でもシームレスにメールやスケジュール帳,アドレス帳のサービスが使える。6月27日に発表したマイクロソフトとの提携(関連記事1関連記事2)に基づいたもので,「Business Port」のブランド名でSaaS型ソリューションを本格展開していく。

 KDDI Business Outlookは,Exchange ServerやWindows SharePoint Servicesのホスティング・サービス。auの携帯電話が標準で備えるメール機能を使って自社ドメイン名のメールを送受信できる点が特徴。BREWアプリケーションを利用したスケジュール帳やアドレス帳の連携も可能。また,PC向けにSharePoint Servicesを利用した文書共有や簡易ワークフローなどの機能を提供する。このほか,ウイルス対策や迷惑メール対策の機能などを提供する。

 料金は1ID当たり月額980円。メールの送受信やスケジュール共有などで生じるパケット通信料が別途かかる。ディスク容量は1ドメイン当たり1.4Gバイト(メールが1Gバイト,共有フォルダが100Mバイト,SharePoint Servicesが300Mバイト)まで。500円/100Mバイトで増設も可能。

 なお,メール・サーバーを既に所有している企業が同サービスを利用する場合,基本的に置き換えとなる。ただし,「部門導入などのニーズも踏まえ,既存メール・サーバーを残したまま利用できるようにすることも検討している」(KDDI)という。また携帯電話からアクセスする場合はKDDIのバックボーンに閉じた通信になるが,パソコンの場合はインターネット経由で同社センターにアクセスする形態になる。

 KDDIとマイクロソフトは共同で,SaaS市場への参入を計画する企業向けの支援プログラム「Business Port Support Program」も12月から提供する。KDDIがサービス提供に必要となるデータセンター設備を用意してその費用を一部負担するほか,認証や課金の仕組み,一次保守窓口なども提供する。これからSaaS市場に参入しようと考えている企業が同プログラムに参加すれば,初期投資や運用コストなどのリスクを最小限に抑えられるとしている。

[発表資料(KDDI)へ]
[発表資料(マイクロソフト)へ]