PR

 米シスコは、同社のネットワーク技術者資格「CCNA」「CCENT」の教育カリキュラムおよび試験を世界各地の言語に対応する。日本語版については2007年12月1日からで、このほか簡体字中国語版が12月8日、スペイン語版が12月28日から、ロシア語版については2008年1月11日に開始する。CCNAの現地語対応は、フランス語と韓国語でも予定されており、2008年早々に開始の予定である。

 加えて、同社の資格試験を支援する教育機関のピアソンVUEは、世界各地への拠点の拡大を発表した。2008年1月からは69の試験施設を中国に追加、これにより中国の施設数は合計で211となる。このほか中南米には39施設を、ロシアには12施設を追加する。それぞれ、合計施設数は270、71となる。