PR

 エントラストジャパンは,社外の取引先に対してデジタル証明書を無制限に発行できるS/MIME対応メール・サーバー機「Entelligence Messaging Server 9.0」を,10月30日に販売開始した。S/MIMEを用いた安全なメールの通信相手として,これまでよりも社外ユーザーを取り込みやすくした。

 Entelligence Messaging Serverは,X.509ベースのデジタル証明書を用いてメールの暗号化や電子署名を実施するS/MIMEに対応したメール・サーバー機。Entelligence Messaging Serverがメールを動的に暗号化して送受信するため,同サーバーを利用する社内ユーザーのクライアントPC上にはS/MIMEメール・ソフトは不要である。

 S/MIMEで用いるデジタル証明書を発行するための機能として,同社の製品でプライベートCA(認証局)運営ソフト「Authority Security Manager」のサブセット版を搭載している。デジタル証明書の発行者(証明書に署名する者)は,ユーザー企業(Entelligence Messaging Serverそのもの)となる。

 新版では,社外ユーザー向けにデジタル証明書を無制限に発行できるようにした。これまでは,社内ユーザー向けには枚数無制限ライセンスと枚数に応じたライセンスの2種類を用意してきたが,そもそも社外ユーザーに対してはデジタル証明書を発行できなかったという。

 ライセンスの詳細は不明だが,今回新たに,社外ユーザーにもデジタル証明書を無制限に発行できるようになった。これにより,証明書を持つ社外ユーザーに対してS/MIMEでメールをやり取りするのが容易になった。

 なお,Entelligence Messaging Serverは,S/MIMEに加え,PGPによるメールの送受信も可能である。PGPはS/MIMEと同様,暗号化と電子署名が可能である。