PR

 米Cisco Systemsはインドで現地時間10月31日,新しいビジネスのアイデアを募集するコンペティション「Cisco I-Prize」を発表した。Ciscoのコラボレーション技術を使って5~7年間で最低10億ドルの売り上げが見込めるような新しいアイデアを募集する。

 募集するアイデアは,プラットフォームにIPネットワークを使用したものに限定され,技術的な革新性とそのアイデアによってもたらされるビジネス・チャンスの両方が評価される。コンペティションの後半では,参加者にWeb会議サービス「WebEx Meeting Center」やアプリケーション・スイート「WebEx WebOffice」といったCiscoのコラボレーション・ツールを使用できる機会が提供される。

 優勝チームには,Ciscoの新技術事業部門の設立者として同社に加わる機会が与えられる可能性がある。また,アイデアの価値によっては,新しい事業部門を設置するために今後3年間で最大1000万ドルを投じる用意もあるという。

 応募資格は年齢が18歳以上,Ciscoの関係者は参加できない。エントリは,CiscoのWebサイトから受け付けている。

発表資料へ