PR

 多数の消費者向けWebサイトを運営する米InterActiveCorp(IAC)は米国時間10月31日,2007年第3四半期の決算を発表した。売上高は15億1580万ドルで前年同期と比べ7.4%増加した。GAAPベースの純利益は7180万ドルで,前年同期の7490万ドルから4.2%減少した。希薄化後の1株当たり利益は前年同期からほぼ横ばいの24セント。

 小売販売部門の売上高は7億ドルで,前年同期と比べ2%の微増にとどまった。しかし家庭向け通販サイト「HSN」の売上高が同5%増だったことから,小売販売部門は回復基調にあるとIACは見ている。

 トランザクション部門は4億300万ドルと前年同期から1%減少した。チケット販売サイト「Ticketmaster」が前年同期比13%増と好調だったが,混乱する住宅ローン市場のあおりを受けた融資サービス・サイト「LendingTree」(前年同期比41%減)と不動産関連(同13%減)が足を引っ張った。

 「Ask.com」などの検索サービスを含むメディアおよび広告部門の売上高は1億9000万ドルで,前年同期比40%増と大きく伸びた。メンバーシップおよびサブスクリプション部門の売上高は2億2100万ドルで同19%増加した。

[発表資料へ]