PR

 富士通は11月1日、データベース管理ソフト「Symfoware」を二重化するためのオプション・ソフトを発表した。同社製ストレージ装置「ETERNUS」が持つコピー機能と組み合わせて利用することで、データベース・サーバーへの負荷を下げながら、データの二重化を可能にする。これまでSymfowareには、データを完全に同期した形で二重化する機能はなかった。

 新製品の「Symfoware Server Mirroring Controller V9」は、データの更新を論理的に管理し、待機系サーバーに更新情報を書き込むためのソフト。実際のコピー作業は、ETERNUS4000または同8000がもつ、きょう体間のコピー機能が請け負う。これにより、「データベース・サーバー単独でデータを2重化する際は約20%あるCPU負荷を6%にまで下げられる」(ソフトウェア事業本部 データマネジメント・ミドルウェア事業部の山口正人プロジェクト部長)という。

 待機系のデータを論理的に管理することで、待機系サーバー上で帳票を出力したり、稼働中にデータベースの保守作業を実行したりすることが可能になる。一般に、データベース管理ソフトのミラーリング機能は、ファイルの先頭から何バイト目を更新したかを把握し、待機系にも物理的に同じデータを保管するため、待機系の参照はできても、データベースの再編成を伴う保守作業などは実行できない。

 Mirroring Contorollerの価格は、1プロセサ当たり315万円。UNIXサーバー版を11月12日から、IAサーバー版は2008年2月から出荷する。富士通は今後2年に、300プロセサ分の販売を目標にする。