PR
画像●富士通が開設した「富士通島」の概観
画像●富士通が開設した「富士通島」の概観
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は11月2日、米リンデンラボが運営するインターネット上の仮想世界サービス「Second Life」内に、同日の午後6時から「富士通島」(画像)を開設すると発表した。富士通島には、同社のサービスや製品、歴史などを紹介するスペースがある。富士通は、社員同士の交流の場としても利用していく予定だ。

 Second Life進出の狙いについて、富士通の五十嵐司マーケティング本部企画部長は「Webの3次元化は将来必ず到来すると考えている。Second Lifeへ進出し、ネットにおける3次元の有効性を早い段階で検証することが必要と考えた」と話す。

 立ち上げにかかった費用は1000万円以下。コンテンツなどは外注せず、すべて自社で製作した。理由は、今後Second Lifeへの参入を考えている企業のサポートなどを手掛けるためだ。「自社のプロモーションだけでなく、顧客企業に仮想区間での新しいビジネス・モデルを提案する場という認識を持っている」(五十嵐部長)という。

 今後は、Second Life以外のメタバース(3次元仮想空間)への参入や、自社でのメタバース運用も検討していく。将来的には、「メタバースをフロント・システムとして活用し、実空間にあるシステムと連携するなどのサービスを顧客企業に提供していきたい」(同)考えだ。