PR

 米IBMは米国時間11月2日,顧客が同社製品/技術の導入で実現できた消費エネルギー削減効果について証明書を出す認証制度「Efficiency Certificates」を発表した。この証明書は,温暖化ガス排出権を取引する市場で売却できるほか,企業の省エネルギーに対する取り組みをアピールする手段としても使える。

 この認証制度は,米Neuwing Energy Venturesの協力を得て実施する。まず,Neuwing Energyが顧客のデータセンターやIT環境を検査し,サーバー運用や空冷などに必要なエネルギー量を算定する。その後,IBMのサーバーや仮想化技術を導入して削減できた消費エネルギー量を求め,証明書を発行する。

 IBMは,「System z」「System p」製品系列のサーバーおよびストレージ機器を対象として,米国で同制度の提供を開始する。その後,対象製品を広げるとともに,欧州でも2008年より提供する。

[発表資料へ]