PR

 米Time Warnerは米国時間11月5日,同社社長兼COO(最高業務責任者)のJeffrey L. Bewkes氏を次期CEO(最高経営責任者)に任命したと発表した。2008年1月1日に正式就任し,社長職を兼任する。現CEOのRichard D. Parsons氏は,退任後も取締役会の会長職にとどまる。

 Parsons氏は1995年に社長として同社に入社した。共同COOを経て2002年5月にCEOに就任し,2003年5月に取締役会会長に就いた。米メディアの報道(CNET)によると,数週間前からParsons氏の退任が噂されていた。

 Bewkes氏は,Time WarnerのHBO(Home Box Office)部門のCEOとして7年間勤務したのち,2002年から2005年まで同社エンターテインメントおよびネットワーク・グループの会長を務めた。2006年にTime Warnerの社長兼COOに就任し,今年初めに取締役会に選出されている。

[発表資料へ]