PR

 三菱電機インフォメーションテクノロジーは,米Citrix Systemsの画面情報端末ソフト「Presentation Server」を用いたシンクライアント環境において,クライアントの操作ログを長期保存/分析するソフト「LogCatcher for Meta Logger」を,11月9日から販売開始する。管理が難しいシンクライアント環境においても,いつ誰がどのような操作をしたのかを把握できるため,内部統制に役立つ。価格は,220万円(税別)から。

 LogCatcher for Meta Loggerは,syslogなど情報システムが出力する各種のログを収集/長期保存し,分析するためのソフト。アイベクスが開発したPresentation Server向けのログ記録ソフト「Meta Logger」(販売はネットワールド)と組み合わせて利用する。今回,既存ソフトである「LogCatcher」をベースに,新たに「Meta Logger対応版という位置付け」(三菱電機インフォメーションテクノロジー)として,新製品のLogCatcher for Meta Loggerを企画開発した。

 2つのソフトを連携させることにより,Meta Loggerが記録した個々のシンクライアントの操作ログを,LogCatcherを用いて長期保存/分析できるようになる。これにより,Meta Loggerのログ管理機能が強化される。Meta Loggerのログと,情報システムが出力する各種ログ情報を同時に管理することで,セキュリティ上の不具合などが発生した際に,問題を追跡しやすくなる。

 なお,Meta Loggerの販売会社であるネットワールドは,三菱電機インフォメーションテクノロジーの下で,LogCatcher for Meta Loggerの販売も実施する。