PR
写真●富士通Windows開発統括部の小丸芳弘プロジェクト課長
写真●富士通Windows開発統括部の小丸芳弘プロジェクト課長
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通のItanium 2搭載基幹IAサーバー「PRIMEQUEST」が,Windows Server 2008の新機能で,サーバー稼働中にプロセッサやメモリーを追加したり交換したりできる「ダイナミック(動的)パーティショニング」に対応することが明らかになった。

 富士通のPRIMEQUESTは「Linuxメインフレーム」を指向して開発されたサーバーだが,「海外では特に,Windows Serverで利用したいという引き合いが多い」(富士通Windows開発統括部の小丸芳弘プロジェクト課長)ことから,Windows Server 2008の新機能にも積極的に対応した。小丸氏は「プロセッサとメモリーからなるパーティション単位でサーバーにリソースを動的に追加する機能は,PRIMEQUESTに設計時点から組み込んでいる。ただし,Red Hat Enterprise Server 5.1ではリソースのホット・アド(追加)のみが可能だが,Windows Server 2008ではリソースの追加だけでなくリプレイス(交換)もできる」と述べている。

 Windows Server 2008のダイナミック・パーティショニングに関しては,NECもItanium 2搭載サーバー「NX7700i」での対応を早くから表明しており,実機でのデモも繰り返している。ダイナミック・パーティショニングに関しては,NEC,富士通以外のベンダーも機能の実装を目指しており,Windows Server 2008のリリースまでには対応表明が行われる見通しである。