PR
写真●ポリコムジャパンが東京オフィスに開設した「Polycom RPX HD ソリューション」のデモルーム
写真●ポリコムジャパンが東京オフィスに開設した「Polycom RPX HD ソリューション」のデモルーム
[画像のクリックで拡大表示]

 ポリコムジャパンは11月9日,リアルに近い臨場感の会議室環境を実現するテレプレゼンス・ソリューション「Polycom RPX HD ソリューション」のデモルームを,東京都内千代田区の東京オフィスに開設した(写真)。

 Polycom RPX HDは,大型スクリーンにHD(high definition)クラスの映像を使って遠隔地の会議参加者を等身大に映し出すビデオ会議システム。これに専用のテーブルやイス,照明などを追加して「ソリューション」として提供する。Polycom RPX HDを使う会議室の環境を統一し,「遠隔のコミュニケーションをリアルに近づけて,参加者が会議に集中できるようにする」とポリコムジャパンの奥田智巳社長は説明する。

 東京オフィスに開設したデモルームは,4枚のスクリーンを並べて設置(4.877×1.067m)し,最大8人が会議に参加できる環境を用意。報道関係者向けのデモでは,東京オフィスと米国シカゴに出張中の奥田社長との間の対話や,ポリコムの世界各地の拠点を結んだ多地点会議,テレプレゼンス以外のビデオ会議システムとの接続などを実演した。

 ポリコムは,デモルーム開設と同時に,Polycom RPX HD ソリューションを本格的に販売開始。役員会議や教育,医療での利用を主なターゲットにする。Polycom RPX HDはスクリーン2枚の200シリーズとスクリーン4枚の400シリーズで計9種類のモデルを販売する。参考価格は,200シリーズが3000万円から,400シリーズが5000万円からでいずれも会議室用設備一式の料金を含む。

[発表資料へ]