PR

 米Microsoftは2008年初めに,クリックしないとActiveXコントロールを実行できないという現行の「Internet Explorer(IE)7」の無意味な操作を改め,元の状態に戻す。このばかげた操作方法は,米Eolas Technologiesによる長期化した特許侵害訴訟の判決で命令されたせいだ。

 ただし,MicrosoftがEolasと和解したことから,再びActiveXコントロールを自由に使えるようになった。Microsoftは,2008年4月にIE 7の仕様を元に戻す予定という。もっとも,なぜ仕様変更にこれほどの時間が必要なのかよく分からない。