PR
写真1●米デルのマイケル・デル会長兼CEO(左)とジョナサン・シュワルツ社長兼CEO
写真1●米デルのマイケル・デル会長兼CEO(左)とジョナサン・シュワルツ社長兼CEO
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Dynamic DataCenterを説明する米サンのリッチ・グリーン ソフトウエア担当上級副社長
写真2●Dynamic DataCenterを説明する米サンのリッチ・グリーン ソフトウエア担当上級副社長
[画像のクリックで拡大表示]

 米オラクルのプライベート・イベント「Oracle OpenWorld 2007」の3日目となる11月14日、午前の基調講演で米サン・マイクロシステムズのジョナサン・シュワルツ社長兼CEO(最高経営責任者)は、米デルとIAサーバー向けSolaris 10のOEM供給で合意に達したことを明らかにした。講演では米デルのマイケル・デル会長兼CEOが登壇し「Solarisのサポートを顧客が望んでいた。一緒に協力しよう」と友好関係をアピール(写真1)。シュワルツCEOは「調べてみると、Solarisの3分の1がデルのサーバーで動作していた。競合しながらも協力していきたい」と語った。

 デルはDell PowerEdgeサーバーにSolarisを搭載し、企業に対して直接サポートを実施する。今年1月には米インテルと、今年8月には米IBMとOEMに関して同様の契約をサンは結んでいる。デル、IBMは、米ヒューレット・パッカードと並ぶサーバー分野での最大の競合相手である。

 あえて競合と提携するのは、自社OSであるSolarisの普及に向けた戦略だ。Solarisの競争力を高めて自社製品の販売拡大を目指す。サンは米マイクロソフトとも仮想化ソフトに関連して、相互にOSの動作を可能にする協業を9月に発表している。

 シュワルツCEOは基調講演の最後に、仮想化ソフトに関する新たな活動も明らかにした。オープンソースの仮想化ソフトであるXenをベースした同社の仮想化ソフト「xVM」をオープンソースとして開発するコミュニティ「OpenxVM.org」を立ち上げたのだ。同社は仮想化ソフトをデータセンター関連事業を手掛ける中の重要な要素と位置付けている。シュワルツCEOの講演には、サンのリッチ・グリーン ソフトウエア担当上級副社長が仮想化ソフトを使ってリソースを効率的に使う「Dynamic DataCenter」の構想を語った(写真2)。