PR

 マイクロソフトは2007年11月19日,無料のパソコン向け動画配信サービス「GyaO」を運営するUSENが,米Microsoftのメディア再生プラグインソフト「SilverLight」を使った動画配信を開始したと発表した(発表資料)。USENは第一弾として,グループ企業のギャガ・コミュニケーションズが配給する最新映画の予告編を配信する特設サイト(http://www.gyao.jp/gaga/)を,SilverLightを使って開設した。同サイトでは,SilverLightの特徴であるWindows Media形式の映像を自在に配置したり再生したりする機能を使って,操作性の高いユーザーインタフェースを実現したとしている。

 Silverlightは,Microsoftが米Adobe SystemsのFlash技術に対抗して開発した,ブラウザーやOSを問わないメディア再生プラットフォームである。この技術を使えば,最高で720p(有効走査線数480本の順次走査方式)クラスの高画質映像を再生できるほか,拡大や縮小が自由なベクター方式でユーザーインタフェースを表現できる。

 USENは今後SilverLightの導入を進め,これまでのWindows Media形式の映像資産を有効活用するほか,これまでGyaOのコンテンツを再生できなかったMacOSユーザーにも映像を提供することなどを検討する。