PR

 「新しい検索サーバーの投入で、企業内検索のソリューションは3階層化する」。マイクロソフトが2007年11月19日に開催した、企業内情報検索(エンタープライズ・サーチ)の説明会で、同社インフォメーションワーカービジネス本部 IWソリューションマーケティンググループの昇塚淑子エグゼクティブプロダクトマネージャはこう語った。

 米マイクロソフトは、企業内検索ソフトの新製品「Microsoft Search Server(MSS) 2008」、および無償版の「同 Express」を11月6日(米国時間)に発表していた。いずれも2008年上半期の出荷を予定する。マイクロソフトとしては、MSS 2008 Express を無料で利用してもらい、部門内の利用を想定したMSS 2008への移行を図る。さらに、全社規模での利用を考えるユーザーには「Microsoft Office SharePoint Server(MOSS) 2007」を勧めるという。冒頭の昇塚マネージャの発言は、ユーザーには「無償」という新しいオプションができたという意味である。

 今回の説明によると、MSSの有償版と無償版の差は、可用性とロードバランスのみということになる。有償版では複数台のサーバーに分散実装できるが、無償版では1台のサーバー上での利用に限られる。

 MOSSとの比較では、MOSSの機能のうち、検索とコラボレーションを切り出したのがMSSということになる。ただし、米アマゾン・ドットコムの子会社が提唱する「OpenSearch」を利用した外部サイトの検索機能「検索フェデレーション」は、現時点ではMOSSにはない、MSS独自の機能とする。検索フェデレーションを使うことにより、単一のキーワードで社内外の検索結果を同時に表示できるようになる。2008年前半には、MOSSもOpenSearchに対応させるという。

 19日の説明会では、マイクロソフトデベロップメント オフィスサービス・プラットフォーム開発統括部 インプットメソッドテクノロジーの佐藤良治シニアマネージャが、マイクロソフトの検索技術の概略を解説した。MOSS 2007の検索アーキテクチャでは、文を語に分かつ「ワードブレーカ」を採用しているが、MSS2008では、この分割時に、先行する単語を条件として次に出てくる単語の確率を考慮した「バイグラム」を活用するという。

 さらに、MOSS2007では、インターネット検索とは異なるランキング・ルールを適用しているという。これは、検索の前提が異なるからだという。例えば、「インターネット検索では何を探しているかを分からずに検索することが多いのに対して、企業内検索では多くの場合、探しているものを知っている」(佐藤マネージャ)。このような前提を考慮したうえで、企業内検索に最適化したランキング・モデルを採用している。