PR
写真1●ドコモプレミアクラブの変更内容を説明したNTTドコモのニュースリリース
写真1●ドコモプレミアクラブの変更内容を説明したNTTドコモのニュースリリース
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは11月22日,ポイント・プログラム「ドコモプレミアクラブ」の内容を変更し,長期利用者のポイント付与率をアップすると発表した(写真1)。5年以上の長期利用者が対象で,継続利用期間が10年以上であれば年間の利用額に関係なくポイント付与率が5%以上になる,といった変更を加えた。2008年3月利用分(2008年4月請求分)から適用する。

 ドコモプレミアクラブは従来,年間の利用額に応じてポイント付与率を4段階に分ける「ステージ制」を採用していた。前年1~12月の毎月の利用額から年間の累計ステージ・ポイント(SP,100円=1ステージ・ポイント)を算出してステージを決定。このステージごとに付与するポイントを以下のように設定していた。

現在の利用額100円あたりの付与ポイント
1stステージ(年間1000SP未満,月額平均8400円未満)=2ポイント
2ndステージ(年間1000SP以上,月額平均8400円以上)=3ポイント
3rdステージ(年間1500SP以上,月額平均1万2500円以上)=4ポイント
プレミアステージ(年間2500SP以上,月額平均2万900円以上)=5ポイント

 2008年4月1日以降はステージ決定の条件に「継続利用期間」を追加して付与ポイントを以下に変更する。

拡充後の利用額100円あたりの付与ポイント
1stステージ(年間1000SP未満かつ5年未満)=2ポイント
2ndステージ(年間1000SP以上または5年以上)=3ポイント
3rdステージ(年間1500SP以上または8年以上)=4ポイント
プレミアステージ(年間2500SP以上または10年以上)=5ポイント
プレミアステージ(年間2500SP以上かつ10年以上)=7ポイント

 つまり,年間の累計ステージ・ポイントに関係なく,継続利用期間が5年以上であればポイント付与率が3%以上,8年以上は同4%以上,10年以上は5%以上になる。

 NTTドコモは,2007年8月から「ファミ割MAX50」と「ひとりでも割50」を開始。これらの割引サービスは契約1年目から基本使用料を一律50%割り引くため,長期利用者から不満の声が出ていた。

[発表資料へ]