PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツの自動車大手,Daimler傘下のブランドであるMercedes-Benzは現地時間11月26日に,Webサイトのリニューアルを発表した。マルチメディア機能を強化したほか,製品やサービス,世界のディーラー情報などへのアクセスを簡素化した。「グローバル・ブランド・サイトから各国ブランド・サイトや地域ディーラー関連サイトにわたる1000以上のWebサイトのデザインを変更する」(同社)。

 新サイトでは,マルチメディア機能を通じて,特定ブランドのより詳しい情報を得ることができる。高解像写真や動画,360°表示をはじめ,各種仕様をオンライン上で試せるツールなどのWeb技術を取り入れる。

 グローバル・ブランドのパイロット・サイトとして新デザインの「Mercedes-Benz German」を公開している。

 同社Mercedes-Benz Cars担当執行バイス・プレジデントのKlaus Maier氏は「過去数年で,インターネットは最も重要な販売チャネルのひとつとなった。新サイトは,営業部門との密な協力のもとで開発し,顧客にとっていっそう分かりやすい販売プロセスに焦点を当てた」と説明している。

[発表資料へ]