PR
端末を手に説明するメディアフロージャパン企画の増田和彦社長
端末を手に説明するメディアフロージャパン企画の増田和彦社長
[画像のクリックで拡大表示]
屋内実験の概要
屋内実験の概要
[画像のクリックで拡大表示]

KDDIとクアルコムジャパンが出資するメデイアフロージャパン企画は,MediaFLOの実験局免許をこのほど取得し,2007年11月27日よりKDDIデザイニングスタジオ(東京都渋谷区神宮前)に実験局と無線設備を設置して屋内での実証実験を開始すると発表した(発表資料)。MediaFLOは,米QUALCOMMが開発した携帯端末向けマルチメディア放送技術のことである。国内では現在,携帯端末向けマルチメディア放送の周波数としてVHF帯の利用を想定した議論が進んでいるが,今回は端末側/送信側の開発スケジュールの関係からUHF帯(第55チャンネル)の6MHzを利用した実験を進める。実験局の最大出力は,1.4mWである。

 メディアフロージャパン企画では,2006年10月から5カ月間,シールドルームにおおける有線接続による干渉実験など基礎実験を行ってきた。今回は,これまでの基礎実験の成果をもとに,屋内電波伝搬状況,実験用番組での画質・音質,チャンネル切り替え機能,IPデータキャスティングに関するアプリケーション動作などの確認を行う。さらには,来場者が直接操作することで,機能や品質,操作性の評価実験も行う。

 2008年以降は,「ユビキタス特区」の制度の活用も含めて,屋外の実験も視野に入れている。VHF帯による屋外実験は必要と考えており,端末/送信設備のVHF対応の開発動向も見ながら作業を進めていく計画である。記者からの質問で,全国展開に向けた設備投資額に関する質問があったが,「会社設立当初はUHF帯の利用を念頭に700億~800億円と試算していた。実際にはVHF帯を利用することになったので,これで十分に足りるのか,さらに追加が必要なのか,は今後つめていくことになる」とした。

 なお今回の屋内実験の期間は2007年11月27日~2009年3月末の予定。実験用受信端末のメーカーとして,韓国LG Electronics,京セラ,韓国Samsung Electropnics,シャープが協力する。実験用アプリケーション(IPデータキャスティング)の協力としてはRoundbox社,実験用番組協力は,IMAGICA TV,NHKエンタープライズ,キッズステーション,スーパーネットワーク,スター・チャンネル,スペースシャワーネットワーク,日経シー・エヌ・ビー・シー,ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン,ブルームバーグ・エル・ピー,よしもとクリエイティブ・エージェンシーの各社である。