PR
東芝ソリューションの落合正雄 取締役統括技師長 兼 IT技術研究所長
東芝ソリューションの落合正雄 取締役統括技師長 兼 IT技術研究所長
[画像のクリックで拡大表示]

 「東芝の西田厚聰社長は日頃,『二律背反の要素を統合することが大事だ』と言っている。これは情報システムのあり方にもそのまま当てはまる」。

 11月27日に開催された「IT Service Forum 2007」の講演で,東芝ソリューションの落合正雄 取締役統括技師長 兼 IT技術研究所長(写真)は,アーキテクチャの重要性を,二律背反という言葉に込めて語った。

 「例えば,内部統制という『守り』と,企業活動の拡大という『攻め』とは対照的なテーマだ。二律背反の要素をうまく統合できるかどうかが,今後の企業経営の鍵を握っている」(落合取締役)。

 二律背反の要素を統合する,という課題を解決するべく,ITについても新しいあり方が求められている。「SOA(サービス指向アーキテクチャ)やSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス),BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)といった新しいコンセプトは,相反する要素のバランスを取りたいというニーズの中で登場したもの。こうしたトレンドを無視してはいけない」と落合取締役は訴える。

 ユーザー企業がこの課題を解決するために,ITベンダーとしては何が提供できるか。「ビジネスもITでも,中長期的には変わらない普遍的・共通的な部分がある。一方,新しい要素を常に取り込むべき可変の部分がある。そこで,固定的な部分と可変の部分をきちんと分けた『アーキテクチャ』を設計した。当社はこれをシステム構築基盤としてユーザー企業に提供している」(落合取締役)。

 東芝ソリューションでは,アーキテクチャ重視の成果が出始めているという。同社が東芝グループの複数メーカーに提供しているPLM(製品ライフサイクル管理)のソリューションがその一例だ。「いくつかの企業に提供しているが,共通基盤部分だけで業務全体の60%を,さらに業種・業務テンプレートを使えば75~85%程度までカバーすることができる」と落合取締役はアーキテクチャの重要性を強調する。