PR

 デジタル・ビデオ・レコーダ(DVR)向けサービスを手がける米TiVoと,メディア大手の米NBC Universal(NBCU)は,広告配信と視聴率リサーチに関して,複数年の戦略的提携関係を結んだ。両社が米国時間11月27日に明らかにしたもの。

 提携により,NBCU傘下のテレビ・ネットワーク14社と,米NBCが所有・運営するテレビ放送局10社は,自社の広告枠にTiVoの「Interactive Tags」サービスを組み合わせて販売できるようになる。同サービスはコマーシャル中にアイコンを表示し,それをクリックした視聴者に製品などに関するより詳しい情報に提供するというもの。このインタラクティブ広告は,視聴者がコマーシャルを早送りした場合でも表示されるため,広告主にとってメリットがある。また,インタラクティブ広告の利用状況などもレポートする。

 両社はほかにも広告製品を共同開発し,収益を2社で分配する予定。またTiVoは,ライブ試聴とタイムシフト視聴の両方において,秒単位で視聴率を測定できる視聴率情報サービス「Stop||Watch」をNBCUに提供する。

 NBCUのSales and Marketing部門担当社長Mike Pilot氏は,「さまざまなメディアの登場によって消費者の視聴スタイルが変化したことで,広告主は精度の高い信頼性がある方法で広告効果を測定したいと考えている。TiVoとの提携によって,広告主のニーズに応え,より効果的な広告を提供できるようになる」と述べている。

[発表資料へ]