PR

 米GoogleのIan Fette氏は米国時間11月29日,マルウエア配布と関係のある悪質なWebページを報告するよう,同社のオンライン・セキュリティ関連ブログで呼びかけた。報告フォームを用意し,情報提供の受け付けを開始した。

 マルウエアを配布しているWebページを見つけたインターネット・ユーザーは,Googleに該当ページのURLとコメントを送信できる。ソフトウエアによるフォームの悪用を防ぐため,画像認証技術CAPTCHAを採用した。

 Googleは,マルウエア・サイトのアクセスを警告するFirefox向け拡張機能「Google Safe Browsing」や,同拡張機能の参照しているデータベースにアクセスできるAPI「Safe Browsing API」を公開し,Webページ閲覧時の安全性向上に努めてきた(関連記事:米Google,Firefox対応ツールバーの新版を公開)。このデータベースの内容を充実させるため,一般ユーザーに協力を求めた。

 米メディア(InfoWorld)によると,セキュリティ・ベンダーのフランスSunbelt Softwareは,悪質なWebサイトがGoogleの検索結果上位に登場する現象がみられ,その数は27ドメイン,合わせて約4万ページに及ぶと指摘した。その後こうしたWebサイトは検索結果に表示されなくなったが,Googleは削除したかどうかについてコメントしないとみられる。

[Fette氏の投稿]