PR

 米Microsoftは米国時間12月3日,有料広告検索プラットフォーム「Microsoft adCenter」利用者向けの認定制度「Microsoft adExcellence」を米国で開始した。また,インターネット検索サービス「Live Search」をマーケティングに活用するための情報ポータル・サイト「Webmaster Center」(ベータ版)も開設した。

 adExcellenceは,広告代理店と広告主を対象とし,試験の合格者をadCenterエキスパートとして認定する制度。20種類以上の講座を無償提供し,adCenterの知識を問う有償試験を実施する。合格者は「adExcellence Membership Directory」に氏名が掲載されるほか,adExcellenceのロゴをWebサイトや印刷物で使用できる。

 Webmaster Centerは,Live Searchの検索結果を最適化するための情報を提供する。Webサイト管理者や検索エンジン最適化(SEO)担当者が対象。具体的には,Live Search用検索エンジンのクロール/インデックス作成方法,サイト・マップの作成/登録方法,Live Searchでインデックス化されたWebサイトの各種統計情報などを掲載し,利用者向けコミュニティの運営も行う。

 さらに,Microsoftは「Excel 2007」で広告用キーワードを管理するためのadCenter利用者向けツール「Microsoft adCenter Add-in for Excel 2007」を2008年1月8日より提供する。Excelを使って有料検索広告で使うキーワードの一覧を作成し,より効果の高いキーワードを選定する作業を容易にできる。

[発表資料へ]