PR

 米Googleは米国時間12月4日,同社のインターネット・メール・サービス「Gmail」を米AOLのインスタント・メッセージング・サービス「AIM」に対応させたことを明らかにした。両サービスのアカウントを所有するユーザーは,Gmailから離れることなく,直接AIMユーザーとチャットを行える。

 Gmailのチャット画面で「set status here(ステータスの設定)」の隣にある逆三角マークをクリックすると,ドロップダウン・メニューに「Sign into AIM」が表れる。AIMのログイン情報を入力すると,AIM用の連絡先情報が,Gmail用の連絡情報と一緒に表示される。チャットしたいAIMユーザーを選んで,そのままやりとりを始められる。

 同機能は,当初は英語版Gmailのみで提供し,他の言語のバージョンにもまもなく拡大する計画である。

 またGmailでは,メッセージを分類するラベルのカラー設定機能を追加した。これまではグリーンのみだったが,今後は12色から選んで設定することができる。カラー設定機能は最新版のGmail(Internet Explorer 7およびFirefox 2に対応)で利用可能。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]