PR
写真1:現実の店舗で使えるクーポンを取得できるセカンドライフ内の「トクトクポケット島」
写真1:現実の店舗で使えるクーポンを取得できるセカンドライフ内の「トクトクポケット島」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2:セカンドライフで取得したクーポンを使って自動販売機で缶ジュースを購入
写真2:セカンドライフで取得したクーポンを使って自動販売機で缶ジュースを購入
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは東京ビッグサイトで開催中の「iEXPO 2007」で,インターネット上の3次元仮想空間「セカンドライフ」とNTTドコモのおサイフケータイを連動させたサービスのデモを実施している。

 デモでは,セカンドライフ内に,おサイフケータイにクーポンや会員証を発行する「トクトクポケット島」を開設。仮想空間に設置されたクーポン発行端末を操作し,パソコンに接続されたFeliCa(非接触ICカード技術)の読み取り機を通じて,おサイフケータイ機能搭載の携帯電話にドリンク無料とチョコレート30円割引という2種類のクーポンが発行される仕組みだ(写真1)。

 これらのクーポンは,現実の店舗や自動販売機でも利用できる。チョコレートの割引クーポンは,店舗のセルフレジで携帯電話のおサイフケータイで決済する際に利用できる。また,自動販売機の読み取り機に携帯電話をかざすと,無料ドリンクのクーポンを利用して,缶ジュースを無料で入手することができる(写真2)。さらに,現実の店舗で携帯電話に対して,セカンドライフ内で利用できるアイテムを配信することも可能だ。

 正式なサービス開始時期は来年以降を予定している。実用化されれば,仮想と現実を連動させたさまざまな新サービスが登場しそうだ。