PR
NECビッグローブの「ウェブリメール」
NECビッグローブの「ウェブリメール」
[画像のクリックで拡大表示]

 NECビッグローブは2007年12月5日、同社が提供するWebメールサービス「ウェブリメール」に「EV SSL」を導入したことを発表した。これにより、Internet Explorer 7(IE7)などのEV SSL対応ブラウザーで同サービスサイトにアクセスすると、アドレスバーが緑色になる(図)。EV SSLの導入は国内ISPでは初めて。

 EV SSLとは、一般のサーバー証明書(サーバー用電子証明書)よりも厳格な審査によって発行されたサーバー証明書(EV SSL証明書)を利用するSSLのこと。EV SSLに対応したWebブラウザーでは、EV SSL証明書を取得しているWebサイトにアクセスすると、アドレスバーが緑色に表示されるなどして、通常のSSLサイトとは異なることが分かる。

 NECビッグローブおよび今回ののEV SSL証明書を発行した日本ベリサインによれば、金融業界ではEV SSLの導入が進んでいるが、ISPとしては今回が初めての導入になるという。