PR

 SNSサイトの米Facebookは,プライバシ団体などから反発を受けているマーケティング機能「Beacon」について,ユーザーが完全に無効にできるよう仕様を修正した。同社設立者兼CEO(最高経営責任者)のMark Zuckerberg氏は自身のブログに「同機能の構築では多くのミスを犯してしまった。そのことについて謝罪する」とのコメントを米国時間12月5日に投稿している。

 BeaconはFacebookが11月に立ち上げたオンライン広告システム「Facebook Ads」(関連記事:Facebook,オンライン広告システム「Facebook Ads」を提供開始,SNSで広告を伝搬)の機能の1つで,Facebookユーザーが外部Webサイトでとった行動をFacebook内の友人ユーザーの「Mini-Feed」や「News Feed」にフィード配信するというもの。ユーザーがBeacon対応Webサイトでコメント投稿,商品購入,ビデオ視聴,ゲームのハイスコア獲得などの活動をすると,その情報が友人に伝えられる。

 しかし,同機能に対してプライバシ団体やユーザー,法律の専門家などからプライバシの問題を指摘する声があがったため,同社は先週,一部修正を加えてユーザーが情報の公開を許可(「OK」をクリック)しない限りフィード配信しないようにした。それまではユーザーが「no thanks(拒否)」をクリックしなければ情報が公開される仕組みだった(関連記事:Facebook,プライバシ問題を指摘されたマーケティング機能「Beacon」を修正)。

 ただしこの修正では,公開の可否を問う通知に対して許可または拒否を決めずに放置すると,一定期間をおいて通知が再び表示され,可否を決定するようユーザーに促す。今回の修正では,ユーザーが自分の行動を配信するかどうかを明示的に指定し,完全にBeaconを無効化できるようにした。

 Zuckerberg氏は,「最初の問題は,(同意を得ない限り情報を配信しない)オプトイン方式ではなく(拒否した場合のみ情報を配信しない)オプトアウト方式をとったことだった。また,ユーザーから意見をもらってから正しい判断をするまでに時間がかかってしまった。この対処の仕方をたいへん残念に思う」とブログに記述している。

[Zuckerberg氏のブログ投稿記事]