PR
写真 ユーザーの状況に応じてウィジェットを配信するデモ
写真 ユーザーの状況に応じてウィジェットを配信するデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは,サービス事業者が匿名の潜在顧客に対して広告のウィジェット(簡易アプリケーション)を配信する技術を開発し,東京ビッグサイトで開催中の「iEXPO 2007」に参考出展している。

 NECは,具体的な活用方法として,携帯電話機に広告ウィジェットを配信するデモを行っている。デモでは,ユーザーが移動した場所の付近にある店舗や施設の情報を携帯電話に表示させていた(写真)。同時に,広告のウィジェットも配信しており,例えば広告でレストランを紹介するだけでなく,空席情報を即座に確認して予約するアプリケーションとしても利用できる。

 参考出展している技術は,(1)匿名のIDを利用するサービス提供管理,(2)ウィジェットの配信・表示管理,(3)ユーザーの属性や状況の管理──の三つの技術で構成されている。サービス事業者は,ユーザーの位置情報や属性に応じて広告ウィジェットを効率的に配信できる。一時的な匿名IDを利用するので,ユーザーの氏名や住所などの個人情報を取得する必要がない。