PR

 大和総研と日本IBMは12月6日、保険の窓口販売システムをASP形式で提供するサービスを開発したと発表した。08年1月から提供を始める。銀行など従来は保険商品を扱っていなかった金融機関を対象としている。大和総研が金融事業、日本IBMがシステム面それぞれのノウハウを提供した。

 保険会社の商品や金融機関自身が新たに開発した商品をシステムに登録。金融機関の店舗に置いたパソコンのWebブラウザで、顧客への販売や管理ができる。ASP形式としたことで、2カ月程度の短期で導入できるとしている。通常は半年以上かかるという。

 利用料金は店舗側のユーザー数や、管理する契約数で決まる。例えば、1万ユーザーで管理契約数が100万件の場合、月額1000万円。カスタマイズを必要とする場合は、個別のシステム構築案件として別の料金体系を適用する。