PR

 米Seagate Technologyは米国時間12月6日,デジタル・データ開示(E-Discovery)関連技術の米MetaLINCSを買収することで両社が合意したと発表した。MetaLINCSは,Seagateのサービス事業Seagate Services Groupの一部となり,顧客企業における情報保護および管理の支援にあたる。なお,買収金額などの詳細な条件については明らかにしていない。

 MetaLINCSは2003年に設立された非公開企業で,従業員は約50人。電子メールやドキュメントおよび関連メタデータなどを自動解析して,人物,会話,コンセプト,コミュニケーション・パターンに応じた分析結果を視覚的に表示するソフトウエアを手がけている。同社CEOのRamon Nunez氏は,Seagate Services Groupの上級幹部チームに加わり,E-Discovery部門を率いる予定。

 MetaLINCS買収により,Seagate Services Groupでは内部統制や民事訴訟に必要なデータ回収のためのソリューション提供,ビジネス・コンティニュイティ・サービスの強化などに取り組むとしている。

 ちなみにSeagateは今年,中堅・中小企業向けオンライン・バックアップ・サービスの米EVaultを買収している(関連記事:Seagate,オンライン・バックアップ・サービスのEVaultを買収)。

[発表資料へ]