PR

 オープンソースWebアプリケーション・フレームワーク「Ruby on Rails」の作者であるDavid Heinemeier Hansson氏は12月7日,最新版「Ruby on Rails 2.0.1」をリリースしたと発表した。開発プロジェクトのWebサイトから無償でダウンロードできる。

 コアライブラリActionPackのResourcesやMultiviewを改良し,HTTP認証処理,セキュリティ機能,例外処理,クッキー対応などの強化/追加を行った。データ・アクセス機能ActiveRecordを改善し,処理速度を50~100%高めている(関連記事:Ruby on Rails次期版2.0のプレビュー・リリース公開)。

 旧版で開発したアプリケーションを最新版に移行するには,まず「Rails 1.2.6」に移行させて正常動作を確認すると手間が省ける。

 Ruby on Railsは,Hansson氏の開発したWebアプリケーション・フレームワーク。「RoR」「Rails」とも呼ばれる。ネットワーク応用通信研究所のまつもとゆきひろ氏が開発したスクリプト言語Rubyで記述している。ネーミング・ルールに沿って変数名などを使用すれば,標準的なデータベース・アクセス・プログラムや検索機能,更新画面を自動的に生成できる。簡単なWebアプリケーションであれば,プログラムを書かずに生成することも可能(関連記事:人気沸騰のWebアプリ・フレームワーク「Ruby on Rails」)。

[発表資料へ]